地方創生が叫ばれる昨今、本町においても『人口減少』『少子高齢化』が進行しており、地域経済やコミュニティの維持が大きな課題となっています。このことから、『起業支援』及び『移住定住促進』を重要な施策と位置付けて、地方創生の拠点となる施設を整備しました。

 コワーキングスペースを中心としていますが、ワークショップルームや商品開発室に加え、広いウッドデッキと芝生を有しています。施設の内外で様々な可能性を秘めているため、コワーキングの名称にビレッジ(村)を付け加えることが相応しいと考え、『みやぎ川崎コワーキングビレッジ』としました。

  さらに、この施設のリノベーションは、人と人を繋げたいことから『か輪さきプロジェクト』と名付け、町内外の多くの方々にご協力いただきました。DIY(Do It Yourself)ではなく、DIO(Do It Ourself)と我々は読んでいます。

  そして、『か輪さき』(RING)から大きく『芽』を育てる(SPROUT)ことを掲げ、二つの言葉を組み合わせた『SPRING』(春・バネ)を通称としました。春は始まりの季節で、バネのように跳躍したい・・・このような想いを込め、オープンは『SPRING』に相応しく『春分の日』を選び、下記のとおりオープニングセレモニーを実施することになりましたのでご案内します。

 記

 1.日 時  

 ◆平成29年3月20日(月・春分の日)10時30分~12時30分【予定】

  10時30分 オープニングセレモニー(町長・議長挨拶、テープカット)

  10時45分~11時00分 内覧会                         

  11時00分~11時30分 トークディスカッション【テーマ:起業支援とコワーキング施設について】

  ①レイリンク株式会社 代表取締役 丹野 恭伸 氏(町内起業家)

   ・WEB制作等を手掛ける若き起業家であり仙台市のコワーキング施設の利用経験を持つ。

  ②一般社団法人MAKOTO 執行役員 佐藤 悠人 氏(起業支援事業者)

   ・川崎町のみならず多くの自治体の起業支援を担う頼もしい支援事業者。

  ③株式会社ミライデザインワークス 代表取締役 小島 英弥夫 氏(施工事業者)

   ・昨年大崎市にてコワーキング施設「alata」を手掛け、DIO(Do It Ourself)の生みの親。 

  11時30分~12時30分 懇親会 

2.場 所 

 ◆みやぎ川崎コワーキングビレッジ『SPRING』

 ・川崎町大字川内字北川原山238-7

 ※駐車スペースは、約20台ありますが、来場者が多い場合は、別の駐車場へ誘導します。 

3.ワークショップの様子  

①上写真:位置図
②左下写真:施設外観
③右下写真:ビレッジ全体写真

 

リノベーションワークショップを開催し、大勢の方々が施設の改修にご協力をいただきました!
・平成28年1月27日:地方創生拠点ワークショップ
・平成28年2月23・24日:リノベーションワークショップ
・平成28年3月2・3・10・11日:リノベーションワークショップ

 

 完成は如何に!?
3月20日に是非お越しください!

4.つなごう『か輪さき』まちづくりプロジェクト  

 

 

5.その他  

 ◆問い合わせ先  

  川崎町 地域振興課 企画係 電話 0224-84-2111(1221)