廃校学校活用事業者が一同に会し賃貸借契約を締結

4月21日、廃校となった町内の小学校(4校)の活用事業者が一同に会し賃貸借契約式が開催されました。

4校の地域性や自然条件等を踏まえながら、事業者が自ら事業内容を構築し、活用事業の提案(プロポーザル)を行い、審査会や学区での説明会を経て、契約に向けた交渉を進めて参りました。

当該事業は、【か輪さきプロジェクト】の中でも重要な位置づけとしており、事業者が単独で事業を進めるのではなく、全事業者が『まちづくり』を進めるための重要な事業であるという認識の下、早い段階から業者間の連携を図ることで、お互いの事業の相乗効果を高めるよう進めてきたものです。

当町では、引き続き当該事業を含め、様々な事業を様々な人でつなぎ合わせながら、『まちづくり』を進めて参ります。

なお、各事業の詳細は、下記ファイルからご覧いただけます。

写真左から、株式会社 キッツアンドスマートエコライフ 小林代表取締役、株式会社 東北農都共生総合研究所 片岡代表取締役、小山町長、一般社団法人里つくり 荒川代表理事、株式会社忍建設 中村会長

 

   

事業者名:株式会社忍建設
事業概要:旧川内小学校

事業者名:一般社団法人里つくり
事業概要:旧本砂金小学校
   
事業者名:株式会社 東北農都共生総合研究所
事業概要:旧支倉小学校
事業者名:株式会社 キッツアンドスマートエコライフ
事業概要:旧前川小学校青根分校