旧小学校活用事業の企画提案及び寄せられたご意見について公表します。
企画提案事業者
旧川内小学校 1者
旧本砂金小学校 2者
旧支倉小学校 1者
旧前川小学校青根分校 2者
今後の予定
 平成28年4月中に学校ごとの審査会を開催し、優先交渉事業者が決定したら、同年5月以降に各地域にて事業内容の説明会を開催する予定としております。
※詳細は、ホームページ等でお知らせします。
 
お寄せいただいたご意見 
ご意見①
○フリーマーケット(趣味の各種工芸品等の販売)を開催して欲しい。製作への意欲も高まり、温泉地等への経済効果や様々な好影響もあるのでは。


⇒今回ご提案いただいている事業内容(事業企画者)を審査し、ご提案いただいた内容(フリーマーケット)と合致できる事業があれば調整して参ります。

 
ご意見②

○地域住民による旧学校施設等を利用したスポーツ振興、健康増進、都市部との交流、防災拠点など多機能しての利用(校舎、グラウンド、体育館、地域資源等との一体利用)

 ⇒ご意見を受け止め、事業審査会の際に考慮します。

①本件募集要項には、校舎だけだったり、旧小学校全体であったりといったように、事業者の事業内容に応じて施設を限定して応募できることになっています(本件は、廃校となった全4校を同じ要項で同じ時期に募集しているため)。

②旧小学校活用事業であるため、地域と一体となった事業の提案はあるかもしれませんが、募集要項等において、地域資源等については言及していないため、ご要望にお応えできかねると考えます。ただし、提案事業者と地域等との間で意思疎通ができれば、可能な場合もあると考えます。


○これからの若い世代の意見を反映させる為、ヒヤリング等を実施する。我々は現在も頻繁に
利用しているが、意見等を求められたことはない。

 ⇒事業の正当性等を判断するため、事業審査会を開催することとなっています。審査員は、役場職員等で組織する会議と、募集があった旧小学校区域の住民数人(各行政区長に依頼。役場では人選、人数に対する指定はしない予定)で行うこととし、優先交渉権利を得た事業者は、地域において説明・相談をすることとなっています。

★事業審査会は、平日の9時から17時までの間で開催予定。
★事業審査会で選ばれた事業者は、地域にて事業概要を説明し、地域の人たちと意見交換をすることとなっています。その際は、役場も一緒に中に入って各種調整をいたします。なお、地域の方々との意見交換は、土・日や夜間も含めなるべく多くの方々のご意見を伺えるよう配慮します。


○上記管理、運営は地元団体等で行うが、行政もただ貸し出すだけではなく地域活性化や健康増進といった観点からも積極的に協力体制をとってほしい。

 ⇒旧小学校の活用事業者が当該施設(事業提案施設)を管理・運営することを想定していますが、事業内容によっては、事業者・地域住民双方が合意すれば、共同管理であったり、地域住民であったりということも考えられると思います。
なお、役場は、地域や町が良くなるのであれば、可能な限り協力していきたいと考えております。