国民年金に加入中(もしくは60歳以上65歳未満で日本に住んでいる)に初診日※のある病気やけがで、政令に定める1級または2級の障害の状態になった人が受けられる年金です。
厚生年金に加入中に初診日がある時は、障害厚生年金も受給できます。

障害基礎年金の年金額

1級障害
972,000円

2級障害
780,000円

受給権者に生計を維持されている子がいる場合は、加算があります。

1人目・2人目 各228,000円
3人目から 各72,000円

 

 ※ 子とは、18歳になって最初の3月31日までの子、または20歳未満で1、2級の障害がある子のことです。

受給するための要件

  • 障害認定日(初診日から1年6ヶ月を経過した日、または症状が固定した日)に1級または2級の障害の状態にあること。
  • 初診日の属する月の前々月までの加入期間の3分の2以上保険料を納めていること。(免除、納付特例、納付猶予期間を含む)

※ 平成28年3月31日までに初診日がある場合は、特例として初診日前の1年間に保険料の滞納がなければ受けられます。

20歳前に病気やけがなどで障害になった人は

20歳になったときに1級または2級の障害の状態にあれば、障害基礎年金が受けられます。ただし、本人の所得による支給制限があります。