交通事故など、第3者から傷害を受けた場合、その医療費は、原則として加害者が全額負担することになります。

 ただし、ケガの状態や緊急的な対応が必要な場合に、一時的に国民健康保険を使って治療を受けることができますので、治療を受ける前に保健福祉課へ届出が必要となります。(国民健康保険から一時的に立て替えをし、後で加害者の方に請求します。)

 ただし、加害者から治療費を受け取ったり、示談を受けてしまうと国民健康保険が使えなくなる場合もありますのでご注意願います。

届出に必要なもの

①事故の状況 ②事故証明の有無 ③任意保険の有無

 を確認して連絡してください。