退職者医療制度とは、被用者保険(職場の健康保険・船員保険・共済保険など)が保険給付の財源を負担することによって、市町村の国民健康保険財政の安定化を図る制度です。対象となるのは国保に加入している65歳未満の方で、次の要件を満たしている方とその扶養家族です。

※一般被保険者である場合と、自己負担割合は変更ありません。

対象となる方

 対象となるのは、国民健康保険の加入者で、会社や官公庁を退職し、老齢年金や退職年金などを支給されている方や、その人に扶養されている人のうち、次の条件に全てあてはまる方です。 

退職者本人 被扶養者

 ① 厚生年金や各種共済組合の老齢年金・退職              年金を受給されている人(受ける権利がある人)で、国民年金を除く加入期間が20年以上 又は40歳以降10年以上ある方。ただし、若 年を理由として全額が支給停止となっている 場合は対象となりません。

② 65歳未満の方

 ① 退職者本人と同一の世帯に属する方

② 退職者本人の3親等以内の親族であるこ と。

③ 年間の収入見込み金額が130万円(60歳 以上と障害者は180万円)未満で退職者本人によって生計が維持されている方

④ 65歳未満の方

※退職者医療制度加入者の自己負担割合は、国民健康保険の一般加入者の自己負担割合と同じ3割です。

届出の方法

退職者医療制度に加入する方は、次のものをお持ちになって届け出てください。

  • 年金証書または年金の裁定通知書(年金手帳ではありません。)
  • 被保険者証(国民健康保険に既に加入している場合)
  • 前の健康保険の資格喪失証明書(新たに国民健康保険に加入する場合)