不動産(土地、建物)を所有していた方が死亡した場合は、相続登記が必要です。

 手続きを行わないままでいると、二次三次の相続が発生したり、公共事業が進まない、

 空家の管理、利活用ができないなどの問題が生じます。

 早期に、不動産の所在地を管轄する法務局に相続登記をしてください。

 詳しくは、以下をご覧ください。

 仙台法務局 不動産の相続登記(外部リンク)