子宮頸がん予防ワクチンの接種について

 平成25年度より、中学1年生~高校1年生相当の女子を対象に、子宮頸がん予防ワクチン接種が予防接種法によって定められた定期の予防接種となりましたが、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みを訴える重篤な副反応が発生したため、平成25年6月14日厚生労働省から全国の自治体に対し、子宮頸がん予防ワクチン接種について、積極的に勧奨すべきでないという勧告が出されました。

 町では、国の決定に基づき、子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨を差し控えておりますが、接種を強く希望する方は、有効性と副反応を十分理解した上で、接種を受けることができます。

 接種を希望される方は、保健福祉課健康推進係までご相談ください。

 

 子宮頸がん予防接種についての最新情報やQ&Aについては厚生労働省ホームページをご確認ください。