障がい者医療費助成制度について

重度の身体障がいのある方が必要な医療を安心して受けられるよう医療費の自己負担額を助成する制度です。

支給対象者

 1 身体障がい者手帳1,2級及び3級(内部障がい)を所持する方

 2 療育手帳Aを所持する方及び療育手帳B所持者のうち職親に委託されている方

 3 精神障がい者保健福祉手帳1級を所持する方

 ただし,支給対象者または,その配偶者,扶養義務者の前年の所得が一定限度以上ある場合は助成されません。

申請方法

支給認定を受けたい方は,各市町村の医療費助成窓口で決められた書類を提出し,心身障がい者医療費受給者証の交付を受けてください。

 また,手帳の交付申請をされた方で,新規対象となる方に関しては手帳の交付と同時に申請書をお送りしております。

医療費の支給

医療機関を受診される際に,障がい者医療費受給者証と決められた様式の申請書を保険証と共に窓口に提出してください。後日医療機関に支払った金額が助成されます。

助成に関しては窓口負担から概ね3ヶ月後に指定口座への償還払いとなります。