自立支援医療(精神通院)について

 精神科にかかる疾患をお持ちの方で,一定の症状があるために継続して通院する必要がある場合,かかった医療費の自己負担分を公費で負担する制度です(かかった医療費の9割が医療保険と公費でまかなわれ,窓口での支払は原則1割となります)。

 また,対象の方やご家族の課税額によって,窓口での自己負担に上限額が設定されます。

支給対象者

 精神科にかかる疾患をお持ちの方で,一定の症状があるために継続して通院する必要がある方で,各都道府県・政令指定都市から指定を受けた病院や診療所に通院する場合

通院する病院・診療所からの処方箋でお薬をもらう薬局も,あらかじめ申請していただく必要があります。

指定自立支援医療機関一覧は下記の宮城県のホームページでご確認ください。
宮城県:https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/seihocnt/jiritushienniryou-top.html

申請方法

 

 支給認定を受けたい方は,「自立支援医療費支給認定申請書」を保健福祉課に提出し,「自立支援医療受給者証」の交付を受けてください。

自立支援医療(更生医療)の受給 

 指定自立支援医療機関に,交付を受けた受給者証を提示してください。

また,窓口でいくらお支払いになったかを,「自己負担上限管理票」により,ご自身で管理していただきます。

自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期限

有効期間は1年間です。

 継続して自立支援医療を受けるためには,更新申請が必要になります。有効期限を過ぎてしまうと,自立支援医療が受けられなくなりますのでご注意ください。

自立支援医療(精神通院)受給者証の更新

2年に1度,自立支援医療費(精神通院)認定申請の際に診断書の提出が必要となります。受給者証の備考欄に,確認方法が以下のように記載されています。

 次回の申請時に診断書の提出を省略できる方:「医療用1年目」または「手帳用1年目」と記載されている方

 次回の申請時に診断書の提出が必要な方:「医療用2年目」または「手帳用2年目」と記載されている方

 ただし,有効期間が過ぎてからの更新申請は,上記に関わらず原則として診断書が必要となりますので,有効期間満了前の更新手続をお願いいたします(有効期限の3か月前から申請を受け付けています)。

自立支援医療費(精神通院)の変更申請等

 通院する医療機関や薬局等を変更する場合は,あらかじめ変更申請をしていただく必要があります。

 また,住所や健康保険証が変わった場合にも,変更届が必要となります。

申請書様式

 

自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書[xlsファイル] 

市町村民税等調査同意書[docファイル] 

自立支援医療用診断書(精神通院用) [xlsファイル] 

自立支援医療受給者等記載事項変更届(精神通院)[xlsファイル] 

自立支援医療費受給者(再交付・返還)届(精神通院) [xlsファイル]