【救急隊員の感染防止対策について】

 新型コロナウイルス感染予防対策として、仙南広域消防では安全な救急体制を維持するために、救急要請(発熱、呼吸器症状等の内科的な疾患の疑い)があった場合には、感染防止衣(上下)、マスク、ゴーグル、手袋を着用して出動します。
救急隊がこのような感染防止衣を着用しているからといって、「新型コロナウイルス感染症に感染している患者」に対応しているわけではありませんので、ご理解とご協力をお願いします。
また、患者様やご家族を誹謗中傷したり、近隣住民の不安をあおったり、正確でない情報の発信、カメラやスマートフォンで救急隊員の姿や現場の写真を撮影したり、SNSに投稿することはやめていただくようにお願いします。