高齢者のワクチン集団接種は、6月28日(月)をもって一区切りつきます。高齢者の集団接種に係るキャンセル・余剰ワクチンの取扱いは、高齢者施設入所者、シルバー人材センター会員、予約者の前倒しなどで対応してまいりました。
 今後、7月26日(月)から始まる一般の方の接種においても、当日キャンセル等によって余剰ワクチンが発生することが想定されます。
 つきましては、キャンセル時の余剰ワクチンについては、すぐに駆けつけられる役場職員等に接種しますのでご理解願います。


※  役場職員等とは次のとおりです。

 ① 集団接種会場内従事職員

 ② 社会福祉協議会職員

 ③ 地域活動支援センター「仲間の家」職員

 ④ B&G海洋センター管理職員

 ⑤ 給食共同調理場従事職員

 ⑥ シルバー人材センター職員

 ⑦ 観光協会・スプリング従事職員

 ⑧ 土地改良区職員

 ⑨ 役場職員