石巻市民みなさんがみちのく公園の草むしりのお手伝い

 6月3日(金)に、みちのく公園「自然共生園」で、二次避難されている石巻市民のみなさんと一緒に庭園の芝生の草むしりを行いました。これは、みちのく公園が企画主催し、自然豊かな、のどかな環境の中で、体を動かし、気分転換しよう!と呼びかけたところ、21名ものみなさんが参加されました。

みちのく公園自然体験事業
草むしりのお手伝い1 草むしりのお手伝い2

 

 当日は、晴天(暑くて汗ばむ陽気)で、「休みながら、無理せずに…」とのみちのく公園(渋谷課長、古山課長ほかスタッフ)の声にも黙々と草むしりをする皆さん。「何も考えなくていいから…草むしりは好きなの」とちょっと切なくなる言葉も。額にはすがすがしい汗が光っていました

 「また、みちのく公園に来て庭園をみましょう!」との参加者の声も。

額にはすがすがしい汗が 休憩

 草むしりの後は、川崎の打ち立ての「そば」と揚げたての「てんぷら」がふるまわれました。そばを茹でるのも薪を使用した手の凝りようです。

薪で茹でる本格そば 天ぷらの準備

 

 
出来立てのそば

出来たて「そば」は、

みなさんと一緒に昼食です。
昼食の様子1 昼食の様子2

 

  

 午後は、みちのく公園の130万本のポピーを見学しました。参加者みなさんから歓喜の声。写真では伝えられない優美で癒される空間でした。

 

 130万本ものポピーと一緒に  その後も、みちのく公園内のふるさと村も散策です。 

 

ふるさと村 100年以上前の時計も現役

 

 100年以上前の時計も現役との説明(公園の土方さん)。

 あっという間の一日。でもけっこうな距離を歩き、参加者みなさんの体調もさることながら、スタッフの筋肉痛も心配です。

 みちのく公園では、次回8日(水)も新たな散策コースも検討中だとか。次回の参加希望者も76名にも達し、少しでもリフレッシュ・気分転換のお手伝いができれば幸いです。

 川崎町復興支援対策本部