川崎町の国土調査

 

 

1. 川崎町の国土調査の概要

 

 川崎町では国土調査法に基づき昭和54年から町全体面積270.80k㎡の内178.10k㎡を

対象に地籍調査を実施しています。

 平成22年度から第6次十箇年計画が始まり、平成31年で調査終了する予定で計画しております。

 国土調査をすることで、皆様の財産である土地の保全につながりますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

 

2.国土調査とは

 

 国土の開発及び保全並びにその利用の高度化に資するとともに、併せて地籍の明確化を

図るため、国土の実態を科学的かつ総合的に調査することを目的として行われるものです。

その成果は、不動産登記の基礎資料として活用されるほか、公共事業の円滑な実施や土地利用計画の策定、災害の際の円滑な復興等に必要な基礎資料となります。

 

 

3.地籍調査とは

 

 地籍調査の基本は公図(登記所備え付け地図いわゆる、旧土地台帳付属地図)をもとに

毎筆(1筆)の土地について、所有者・地番・地目の調査並びに境界を確認し、その結果を地図及び簿冊にとりまとまることです。(ただし、国有林・湖沼等を除く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.地籍調査の進め方

 

1年目    実施地区の選定及び事業の策定

               ↓

2年目    地籍調査事業着手のための準備(地元説明会の開催等)

               ↓

       地籍図根三角点設置及び測量(C工程)

       国土地理院が設置する三角点のほかに測量精度を高めるために地籍三角点

       を設置する。

               ↓

       地籍図根多角点設置及び測量(D工程)

       地籍三角点から境界杭ごとに測量するための測量杭(黄色)の設置。

               ↓

       一筆地調査(E工程)

       所有者立会いのもと現地確認する作業。

               ↓

       地籍細部測量(F1工程)

       一筆地測量 (F2-1工程)

       地籍図根多角点を基礎として、各筆の筆界を測量する作業。

               ↓

3年目    原図(F2-2工程)複図(H工程)作成

       一筆ごとに測量したデータに基づき地籍図原図・複図を作成する。

               ↓

       面積計算(G工程)

       測量したデータにより一筆ごとの面積(地積)を求める。

               ↓

       閲覧(H工程)

       地籍調査成果を所有者に公開し、誤り等があれば申し出を受ける期限及び

       成果に認証を受ける作業。

               ↓

4年目    認証

       県に請求し、国の承認を受ける作業。

               ↓

       登記

       認証3ヶ月以内に法務局へ登記を申請する。

 

国土調査の年間行事

 

○5月下旬

 ・平成29年度施行 川崎町地籍調査事業(F2-2・G・H工程)業務委託入札

 ・平成29年度施行 川崎町地籍調査事業一筆地地籍調査票無委入札

 

 

○6月下旬

 ・地籍調査実施委員会

  →場所:川崎町山開発センター2階研修室

 ・平成29年度施行 川崎町地籍調査事業(C・F1.F2-1工程)業務委託入札

 

→場所:川崎町山開発センター2階研修室

地籍調査の概要等 [50KB pdfファイル] 

地籍調査のあらまし・一筆地調査について [587KB pdfファイル]
※詳しい内容については、こちらをご参照ください。


※こちらをクリックすると国土
交通省HPへリンクします。