川崎町は東京電力福島第一原発の事故に伴う放射性物質により、国から平成24年5月7日付けで原木しいたけ(露地栽培)の出荷制限指示が出されております。
  しかしながら、川崎町森林組合では
「宮城県原木きのこ(露地栽培)栽培管理基準」に基づき放射性物質の低減対策を講じた結果、基準値(100Bq/㎏)を下回ることが明らかとなった生産ロット分について、国の認定を受け出荷制限が解除となりました。

~原木しいたけ(露地栽培)の出荷制限の解除に伴い出荷が認められた生産者~
・川崎町森林組合(平成28年12月22日 出荷解除)


※一部解除の考え方
  一部解除とは県が策定した
「宮城県原木きのこ(露地栽培)栽培管理基準」 に基づき生産され安全が確認できた生産者(生産物)のみの出荷制限解除をいいます。
  そのため町内すべての生産者(生産物)が出荷可能となるわけではありませんのでご注意ください。
※今後新たに出荷制限解除を行うには?
  県外産の安全な原木を使用し
「宮城県原木きのこ(露地栽培)栽培管理基準」 に即して栽培管理を実施し、生産されたきのこが食品衛生法に基づく放射性物質の基準値(100Bq/㎏)を十分に下回っていることが確認できた生産者で、このことを県が確認し国へ報告して認定を受ける必要があります。
  このため今後原木しいたけ(露地栽培)の出荷を予定している方は、生産を始める前に、川崎町役場農林課または宮城県大河原地方振興事務所林業振興部林業振興班までご相談ください。

※宮城県大河原地方振興事務所 林業振興部 林業振興班

    ℡ 0224-53-3249(直通)