令和2年10月1日を基準日として、国勢調査を実施します。
国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査です。
みなさまのご協力をお願いします。

 
国勢調査2020総合サイト(外部リンク)へ移動します。


※感染症対策として、調査員による回収は原則行いません。インターネットでの回答・郵送による回答でお願いします。

 国勢調査の概要

国勢調査は日本に住むすべての人が対象の5年に一度の最も重要な統計調査です。

令和2年国勢調査は、大正9年の調査開始から100年目を迎える節目の調査となります。

 調査期日

令和2年10月1日現在

 調査対象

令和2年10月1日現在、日本国内に住むすべての人(外国人含む)及び世帯

 調査事項

 世帯員に関する事項(15項目)

 1、「氏名」
 2、「男女の別」
 3、「出生の年月」
 4、「世帯主との続柄」
 5、「配偶の関係」
 6、「国籍」
 7、「現在の住居における居住期間」
 8、「5年前の住居の所在地」
 9、「在学、卒業等教育の状況」
 10、「就業状態」
 11、「所属の事業所の名称及び事業の種類」
 12、「仕事の種類」
 13、「従業上の地位」
 14、「従業地又は通学地」
 15、「従業地又は通学地までの利用交通手段」

世帯に関する事項(4項目)

 1、「世帯の種類」
 2、「世帯員の数」
 3、「住居の種類」
 4、「住宅の建て方」

※設問は全16問

調査の方法

・感染症対策として、調査対象世帯と極力対面しない調査方法で行います。

・国勢調査員が世帯に伺い、インターホン越しで調査依頼を行い、世帯主の氏名・男女別の世帯人員を確認します。

・インターホンがない世帯を訪問するなど、対面の必要がある場合は、できる限り距離を置き、マスクを着用するなど咳エチケットに努めます。

・調査書類は郵便受けまたはドアポストに投函します。

・調査票の回答方法は、原則、インターネットか紙の調査票を郵送による回答でお願いします。

 なお、調査員回収を希望した場合に限り、調査員による回収も行います。

⇒インターネット回答が便利でおすすめです!

(24時間いつでも回答可能・紙の調査票の提出が不要になる等のメリットがあります)

国勢調査2020総合サイト(外部リンク)

 報告義務・個人情報保護

国勢調査は国の最も基本的な統計調査として、統計法の規定により「基幹統計調査」として定められており、調査対象者には報告義務が課せられています。

調査に従事するすべての者に対して、守秘義務や調査票の取扱いに関する厳格な規定が定められていて、調査情報は統計作成以外の目的に使用されることはありません。

 調査結果の利用

調査の結果は、国や地方公共団体が行政施策を進めていくうえでの基礎資料として利用されるだけでなく、民間企業や大学、研究機関など各方面で幅広く活用されており、そのような利用を通じて国民生活に役立てられています。

かたり調査にご注意ください

国勢調査の調査員と偽り、訪問販売や情報収集などを行う訪問者にご注意ください。

国勢調査の調査員は身分証明書と腕章をつけていますので、ご確認ください。