川崎町学校給食及びこども園・幼稚園給食の放射能検査について

 

川崎町では、東日本大震災による福島第一原子力発電所事故に伴い、給食への放射能の影響を心配される保護者の皆様に応えるため、小・中学校及びこども園・幼稚園給食の簡易測定を以下の内容で実施しております。

 

1 検査機関 川崎町・川崎町教育委員会

2 測定機器 CAPTUS-3000A型食品放射線検査装置(米国Capintec社製)

3 測定時間 20分

4 「検出限界値」とは、測定において検出できる最小値のことをいいます。放射能の特性として、同じ機器で測定しても、検体ごとに検出限界値は変動します。例えば、「不検出(検出限界値20)」とあるのは、検体において、検出できる最小値が20Bq/kg(ベクレル/キログラム)であり、この食材の放射性物質濃度は「20Bq/kg未満である」ことを意味します。この際、表記上では「不検出」となります。

5 放射性セシウムの新基準値(平成24年4月1日から)                              【単位:Bq/kg】

  食品群 国の新基準値 川崎町が定める基準
飲料水 直接飲用する水、調理に使用する水、飲用茶 10 10
牛乳 牛乳、低脂肪乳、加工乳、乳飲料など 50 50
乳児用食品 乳児用調整粉乳、乳児用食品、ベビーフードなど 50 50
一般食品 上記以外の食品 100 50

 

  ※提供する給食の放射線物質濃度は合計検出値で50Bq/kg未満とし、それを超過した給食の提供はしておりません。

6 測定結果 

 

測定結果はこちら

 

7    問い合わせ先

【学校給食】川崎町学校給食共同調理場 0224-84-5002

        川崎町教育委員会学務課  0224-84-2111(1322)

【こども園・幼稚園給食】

        川崎町教育委員会幼児教育課(かわさきこども園内)

                            0224-84-5247