川崎町志教育18年教育「学びの架け橋レインボープラン」

  川崎町では平成25年度、宮城県教育委員会の指定を受け「志教育支援事業」を実施しております。

  町内4小学校2中学校、かわさきこども園、富岡幼稚園、柴田農林高等学校川崎校の町内すべての園・学校が連携し、異校種間の交流や地域交流事業など様々な活動を展開し、子どもたちの「生きる力」と「深い郷土愛」の育成を目指しています。

1.川崎町「志教育実践目標」

 町内の各園、小・中・高等学校の各校種が家庭及び地域と連携して、人や社会と関わる中で社会性や勤労観を養い、集団や社会の中で果たすべき自己の役割を考えながら、現在や将来において、よりよい生き方を主体的に求めていく子ども(園児・児童・生徒)を育成する。

2.川崎町の事業方針

 (1)幼小中高18年間を見据え、義務教育の枠を超える長い視点で、川崎町が誇る園児・児童・生徒の健全な育成を図る。

 (2)18年間に渡る子育てプログラムを作成し、発達段階に即した継続的な指導を行う。

 (3)「小1プロブレム」は「小1エンブレム」に、「中1ギャップ」は「中1ジャンプ」の言葉に置き換えられるような川崎らしい各校種間の接続を図る。

 (4)18年間を通した生き方教育という大きなくくりの中で、現在実施している川崎町の施策を融合し、社会的に自立した深い郷土愛に満ちた子

  どもの育成を図る「川崎町の教育総合プラン」として、平成26年度以降も継続する。

3.事業内容

 (1)推進地区連絡協議会及び幼小中高志教育担当者会の設置、運営

 (2)家庭及び地域、幼・小・中・高等学校との連携した事業の立案と実施

 (3)各校種別の年間計画に基づいた事業の実施

 (4)各教科・領域等における授業の実践

 (5)講演会等の実施

 (6)事例発表会『 志教育フォーラムin KAWASAKI 』の実施

 (7)事業についての成果と課題の明確化、次年度以降の計画

 (8)事業の評価と事例報告書の作成

 

【参考資料】 ①概要 [281KB pdfファイル] 

         ②子育てプログラム [247KB pdfファイル] 

         ③レインボープランイメージ [2274KB PDFファイル] 

         ④リーフレット1 [638KB pdfファイル] 

         ⑤リーフレット2 [419KB pdfファイル]