宮城県川崎町

地勢

 ■仙台市の南、近郊でありながら、蔵王山麓に属する山岳丘陵地帯と河岸段丘の発達した山間盆地に区分できる自然豊かな地域である。 東部の約100mから西部の1,759m(蔵王刈田岳)に至る西高東低の地形。蔵王からの西北風(蔵王おろし)が本町を吹きぬけることから、風から住宅や農地を守る防風雪林がつくられ、これが本町独自の緑の景観となっている。 河川は名取川水系に属し、太郎川、北川、前川が釜房湖に流入している。

◆人口:10,583人

◆世帯数:2,938世帯
 (平成17年国勢調査)

◆面積:27,080ha
 (平16.10.1 国土地理院)