10月から11月にかけて、仙台都市圏(川崎町を含む18市町村)で大規模な交通実態調査(アンケート調査)を行います。

この調査は、人の移動の実態を正確に捉え、道路網や公共交通の整備、まちづくりに活かしていくために行うものです。

調査の対象は、住民基本台帳から無作為で選ばれた、仙台都市圏にお住まいの約10万世帯の方々です。
 

詳しくは、こちらをご覧ください。